研究発表募集

第126回 令和4年度 冬季大会

令和4年度冬季 全国大学国語国文学会 第126回大会 大会テーマと研究発表者募集のお知らせ

令和4年度冬季全国大学国語国文学会第126回大会は、下記の通り開催されます。大会テーマは「古典文学の伝えかた―「現代語訳」の方法を考える―」です。

古典文学を発信するに当たって「現代語訳」が不可欠なツールだということは、現在おそらく衆目の一致する見解ではないかと思います。大学を含めた学校教育において必須であるのはもちろん、注釈書や梗概書においても現代語訳は欠かせないもので、時に原文より優先して掲出される場合すらあります。

しかし、古文を現代語に置き換えるに際しては様々な障壁があり、現代語訳によって伝えられる作品の情報は必ずしも十全なものとは言えません。現代語訳という一種の「翻訳」の難しさといえましょう。本テーマは、この「古典文学の現代語訳」が抱える様々な問題を検討し、その検討を通して、現在の、そしてこれからの「古典文学の発信」のありかたを探ろうとするものです。

大会第2日は、研究発表会が行われます。研究発表の内容は次の通りとします。

  1. 本大会のテーマに沿ったもの
  2. 自由

研鑽を積まれた積極的な研究成果の発表を期待します。応募される際の要旨には、主旨・方法・結論を明確にお書きください。説のプライオリティは要旨の到着日とします。若手の大学院生や研究者の要旨は、「研究発表奨励賞」の審査の参考となります。

研究発表の採否の決定は、10月上旬の予定です。採用が決まり次第、発表資料の原稿締切等についてご連絡いたします。

Ⅰ 大会日程

12月3日(土)

シンポジウム

12月4日(日)

研究発表会・研究発表奨励賞授賞式

Ⅱ 会場

京都女子大学 J校舎(〒605―0927 京都府京都市東山区上馬町544)

Zoomを併用したハイブリッド大会を予定していますが、新型コロナウイルス感染症の状況によってはオンライン大会となることをご承知おきください。詳細はホームページをご確認ください。

Ⅲ 研究発表申し込み要領 [会員のみ]

  1. 題目・要旨(800字以内・A4用紙横方向・縦書き)に、住所・氏名(ふりがな)・電話番号・ E-mailアドレス・所属(大学名など)・身分(職階、学年など)・専門領域を明記して、電子媒体2種類(Wordなどのテキストファイル、およびPDFファイル)にして下記のフォームよりお申し込み下さい。郵送は不要です。
  2. 発表時間は一人計40分(発表25分・質疑応答15分)です。
  3. 申込期限 令和4年9月9日(金)必着

大会発表申込フォーム[ 締め切りました ]

  • 問い合わせは、下記フッターにある事務局宛、E-mailにてお問い合わせ下さい。